半纏を業者に依頼する時の失敗しない注文方法![Japanese Uniform]
HOME>トピックス>半纏を業者に依頼する時の失敗しない注文方法!

祭りを盛り上げる衣装

長半纏はお祭りの演舞をする人達の衣装として愛されています。踊る人達の衣装を統一する事で一体感が生まれ踊りをより魅力的に見せる大切な要素があります。色々なデザインがありますが、どの色が特に好まれて着用されているのでしょうか?ランキングをつけてみました!

お祭りの演舞をする人に聞いた!よく選ばれる長半纏の色ランキング

no.1

黒の半纏は演舞をする人達に良く好まれています。演舞はスタイリッシュな動きが多くそのイメージに合わせた結果黒が良く好まれているのでしょう。なので、ランキングの一位にしました。

no.2

赤色もよく好まれて着用されるカラーです。激しく情熱的な振り付けを踊る人達に好まれる事が多いです。全身赤ではなく半分を違う色にした長半纏もあります。赤も人気ですが人気度は黒より少し低めなので、ランキングの2位にしました。

no.3

青は清涼感のあるデザインが多く振り付けにも爽やかさが出る色として人気です。ですが、インパクト力が1位の黒や2位の赤と比べると落ちるので人気も下がります。なのでランキングの3位になりました。

半纏

豊かなひとときを彩ります

会社や地域、グループの集まりなどに着用する半纏ですが、オリジナルで制作するとなると気になるのが費用です。一枚の価格も安ければ5~6000円台、一般的なものだと1万円台、専門店で一枚ずつ作業するというような場合だと3~4万円以上かかります。料金を決める要素は枚数だけではなくて、使う生地や色の数、サイズや染め方などが関係してきます。セミオーダーでワンポイントで名入れをするぐらいであればそれほど料金はかかりませんが、フルオーダーする場合には高価になると考えておきましょう。見積りは無料の事が多いので、じっくり吟味して依頼先を選びましょう。

料金にどこまで含まれるか

予算も限られているので、凝った半纏を作りたいと悩んでいても料金が安いとそれだけで魅力的に見えてしまうものです。一見リーズナブルに思えても、きちんと料金内で思ったような作業をしてもらえるかどうか見積りを取ったときに確認すると良いでしょう。一枚から製作してくれる業者も増えていますので、気軽に相談してみて下さい。枚数は多くなればなるほど一枚あたりの単価は安くなりますので、ある程度参加者が決まっている時には多めに作っておく方が料金としてはお得です。デザインなどもある程度融通が利くのであれば、満足度も高まります。

広告募集中